天然水のベストな飲み方

飲水を効果的に飲むには

飲水は飲み方にこだわろう

飲水には様々な飲み方がありますが、実感するためには飲み方に注意する必要があります。飲むタイミングは喉が渇いたときがベストですが、ほかにも水分が不足するときがおすすめです。例えば寝起き、運動後、入浴後などは水分が必要でしょう。飲水は細胞を水分で潤す役割があるので、飲みたいときは我慢せずに飲んでください。我慢をしてもメリットがありませんし、血液がドロドロになって血流障害を招くことがあります。血流をサラサラにするためにも、飲水で水分とミネラル補給をしていきましょう。注意したい飲み方は一度に大量摂取してしまうことです。例えば1日に2リットルを目安にして飲むなら、こまめに飲んでいくのがコツとなります。1回に500ml~1リットル飲むのではなく、200ml~250ml程度に抑えておくのが好ましいです。大量に飲んでも細胞に吸収されず、尿として排出されてしまうので注意してください。1日に同じ量を摂取するとしても、2~3回よりも5~10回で摂取したほうがより多くの水分が吸収されます。細胞を保湿するためには1時間おきに少量ずつ飲むなど工夫してください。少量ならば就寝前に飲んでも、夜中にトイレに行きたくなることはないでしょう。

↑PAGE TOP