高額で買取してもらえる傾向とは

飲水の大切さや飲み方

飲水の重要性について

いつも特に意識もせず飲んでいる水。喉が乾いた時に飲むのが普通ですが、実はそれでは遅いのです。身体は毎日様々な信号をだして色々なことを教えてくれます。そんな中で「喉が乾いた」と自分が感じているとき、身体はとても水分を欲しているのです。これから夏にかけて汗をかき体内の水分を外に出してしまうので飲水がとても大事となってきます。今日は熱中症などにならないための水の飲み方、またいつ水分を取るべきなのか、という飲水についでお伝えします。実は1日に必要となる水分量はとても多いのです。体重の30分の1〜50分の1程、具体的な例を挙げると例えば体重が70キロの人であると約2リットルは水分を摂取しなくてはならないのです。飲水のタイミングとしては朝起きてコップ一杯、食事の前にコップ一杯、そして食後や寝る前など、ここはつねに抑えて頂いて日々水分をとる癖をつけていきます。あとはその日ごとの生活の仕方で適切な時にのむという飲み方です。ジョギングなどをするときは頻繁に水分をとり、ジョギングが終わってからもコップ一杯ほどを飲みます。家にずっといた日などがいつ飲むのかタイミングがわからない方も多いと思うので、家から出ない日の方が気を付けていただく必要があります。家にいるときの飲み方としてオススメなのが、2リットル入りのボトルを用意してそのボトルを毎日からにすることを心がける飲み方がオススメです。こうしていただくと必要量が目で見て一瞬でわかるので飲水を意識できます。気がついたら少し飲む、を繰り返して水分不足を起こさないようにしましょう!

↑PAGE TOP