飲水の適切な摂取量とは

飲水で適切な量とはどれくらいか

飲水は量にも気をつけよう

飲水は生命維持や美容、健康にためには欠かせないことです。ですがただ単に水分を飲みさえすれば良いと言うわけではなく、それにあたっては様々な点に気をつける必要があります。そのひとつが量と飲み方です。飲水に関しては、1日あたりだいたい1.5~2リットルの量を摂取するのが適切だと言われています。そして飲み方としては、これを7~8回に分けて飲むのが望ましいとされています。ですからだいたい1回あたり150~200ミリリットルの量を飲水するのが最適だと言うことです。ただし喉が渇いていない時に無理矢理、飲むのはあまり良いことではありません。ですから体の渇きや喉の渇きを覚えたタイミングで、無理なく、これらの量を引水していくのが望ましいです。一方で体の渇きが感じにくいと言うこともあります。ですから体の渇きが起こりやすいタイミングにおいては、飲水をするように習慣づけしておくのもひとつの適切な飲み方の方法です。では、どのようなタイミングがそれに該当するかと言うと、まずは寝起きです。季節問わず、人間は就寝中には、結構な量の汗をかいているためです。そしてその関係から言えば、就寝前も飲水しておくのが最適です。それから入浴前と入浴後、運動前後もそうしたタイミグとして挙げられます。夏場などは外出前後やその最中もタイミングです。

↑PAGE TOP